ピンボールアクエリオン

Webサイトweb site】 ウェブサイト

Webサイトとは、一冊の本のように、ひとまとまりに公開されているWebページ群。また、そのようなページ群が置いてあるインターネット上での場所。Webの文脈が明らかな場合は「サイト」と略されることが多い。歴史的な経緯からWebサイトのことを指してホームページと呼ぶ場合もある(本来は誤用だがある程度定着している)。

 

サイト内の各ページには他のページへのハイパーリンクが設置され、これを辿ってページ間を互いに行き来できるようになっている。入口や表紙にあたるページを「トップページ」または「ホームページ」(あるいはメインページ、フロントページ、インデックスページなど)という。

トップページにはサイトの概要や内容の案内、主要なページへのリンクが掲載されることが多く、ここを起点に閲覧を開始することが期待されるが、Webの特性上、検索エンジン検索結果ページや他サイトからのハイパーリンクなどでトップ以外のページに直接訪問される場合もある。

Webサイトの構成

管理者があらかじめ作成した内容を静的(誰がいつ何度来ても内容が同じ)に提供する場合もあるが、ページの一部が動的に変化したり、電子掲示板(BBS)のように訪問者が内容を投稿できるコーナーが設けられている場合もある。ソフトウェアのように対話的に操作して何らかの処理を行えるような構成になっているものを「Webアプリケーション」、そのような仕組みを用いて利用者にサービスを提供するものを「Webサービス」と呼ぶこともある。

技術的にはWebサイトそのものを指し示す識別子やサイトの範囲を定義する設定ファイルのようなものはなく(補助的に利用される技術はあるが必須ではない)、サイトという括り厳密なものではなく便宜上のものとも言える。通常、トップページのURL(Webアドレス)をサイトの所在とし、同一の管理者の管理権限の及ぶ範囲をサイトの範囲と考えることが多い。

ドメインとの関係

サイトを構成するWebページはそれぞれ固有のURLを持ち、これはWebサーバドメイン名サーバ内でのパスディレクトリ名やファイル名の連なり)で構成される。一つのドメインが一つのサイトを構成する場合もあるが、両者は必ずしも一致せず、一つのドメインで複数のサイトが運営されている場合や、一つのサイトが複数のドメイン(に置かれたWebページ群)にまたがって運営されている場合もある。

ネットサービスの個人スペースと区別する用法

近年ではブログSNSのように登録利用者が内容を管理できる専用のスペースを設け、インターネット上に公開するサービスが普及している。これも外形的にはWebサイトの一種に違いないが、利用者側から見て、「私のブログ」「私のTwitter」「私のサイト」のように、ネットサービス上の「借り物」のスペースと区別して、従来のような構成のWebサイトを「サイト」と呼ぶことがある。

他の辞典による解説 (外部サイト)