ピンボールアクエリオン

半角英字 【半角アルファベット】 half-width alphabet

半角英字とは、コンピュータが扱う文字の分類の一つで、(等幅フォントで表示・印刷した際に)幅が高さの半分の縦長の長方形の領域に収まる形のアルファベットのこと。

 

いわゆる半角文字として規定されている「a」から「z」および「A」から「Z」の52個のローマアルファベットのことで、全角文字(正方形に近い字形)の「a」〜「z」、「A」〜「Z」とはシステム上は別の文字として区別される。

半角文字は歴史的に欧米の文字コード体系ASCIIコードなど)に由来する文字種で、半角英字以外にも「0」から「9」の半角数字、「+」「$」のような半角記号、日本で独自に追加された半角カナ(半角字形のカタカナ)がある。

コンピュータ上では日本語入力システム(IME)をオフにするか、直接入力モードや半角入力モードにした上でキーボード上の英字のキーを打鍵(あるいはソフトウェアキーボード上でタップ)すれば入力することができる。日本語モードで英字を入力後、「半角英数字に変換」操作(WindowsF10キーなど)を行っても良い。

半角英字と全角数字は人間にとっては同じ文字で幅や字形が異なるだけだが、コンピュータ内部では異なる文字コードが割り当てられた異なる文字として認識される。識別符号やパスワードなどに用いる場合は両者は同一視されないため、入力時に「半角英字に限る」のように指示や制限、注釈などが行われる場合がある。