ピンボールアクエリオン

全角文字full width characters

全角文字とは、コンピュータが扱う文字の分類の一つで、(等幅フォントで表示・印刷した際に)幅と高さが等しい正方形の領域に収まる形の文字のこと。漢字やひらがなが該当し、幅が高さの半分の「半角文字」と対比される。

 

「漢」「あ」「ア」「。」など、正方形の枠に収まるようデザインされた文字群を指す。文字コード上は、1文字を2バイトで表す2バイト文字(あるいはそれ以上の多バイト文字)にほぼ一致するが、一部例外もある。一方、「A」「a」「1」「.」など、全角文字の半分の縦長の長方形に収まるデザインの文字は半角文字と呼ばれ、欧米で一般的に用いられるアルファベットやアラビア数字、記号文字などが含まれる。

ワードプロセッサやコンピュータの文字表示機能が、現在でいう等幅フォントしか取り扱えなかった時代にできた用語で、現代では文字毎に幅が異なるプロポーショナルフォントの方が一般的になったため、実態にそぐわない分類となっている。

全角と半角の両方ある文字

歴史的な経緯から、日本語の文字コードやフォントには英数字・記号の全角文字とカタカナの半角文字が収録されており、「A」と「A」、「0」と「0」、「@」と「@」、「ア」と「ア」のように同じ文字について全角と半角の両方が存在する状態となっている。これらは文字コード上はそれぞれ別の文字であり、半角で入力すべき箇所に全角で入力してしまい受け付けられないなどの混乱を引き起こしている。

他の辞典による解説 (外部サイト)