ピンボールアクエリオン

ピリオドperiod / full stop / ドット / dot

ピリオドとは、欧文の文中で文字と並べて使用する記号(約物)の一つで、文末などに用いられるもの。英単語の “period” には終止符の意味の他に期間や周期などの意味(スポーツの「第1ピリオド」など)もある。イギリス英語では “full stop” の呼称が一般的。

 

欧米アルファベット圏で一般的に用いられる記号で、文の終端や単語の綴りの省略(Doctor→Dr.)を表す記号としてよく用いられる。日本語の句点(。)に近く、日本語の文書でも分野によっては横書きの場合に読点に代えてピリオドを用いることがある。

欧米では長い桁の数字を表す際に3桁ごとに区切り文字を挟むが、英米など英語圏ではこの桁の区切りにカンマを、小数点にピリオドを用いる。欧州大陸各国(仏独伊西など)ではこれとは逆に桁区切りにピリオドを、小数点にカンマを用いるのが一般的である。

現代の日本では英米流にカンマを桁区切り、ピリオドを小数点とする表記法が普及しているが、「0.1」を「コンマイチ」と読むなど、今より大陸欧州の影響が強かった時代の名残りが見られる。世界的にもどちらを桁区切りとするかは分かれており、理工系分野では別の国で誤読されないよう桁区切りは空白文字(スペース)、小数点はどちらでも良いとするルールが用いられる。

IT分野では「ドット」(dot)と呼ばれることが多く、文字コード標準のASCIIでは46番(16進数で2E)が「.」に割り当てられている。プログラミング言語などで「System.out.println」のように要素の参照を表す記号として使われることが多いほか、ファイル名(readme.txt)やドメイン名(www.example.com)などの構成要素の区切り記号としても馴染み深い。

日本語の文字コードでは全角ピリオド(.)が句点や半角ピリオドとは別に規定されており、日本語文章中で句点の代わりなどとして用いられてきた。Unicodeでもこれを引き継いでU+FF0Eに「FULLWIDTH FULL STOP」(全角終止符)の名称で収録されている。

他の辞典による解説 (外部サイト)