ピンボールアクエリオン

タブtabtabulator

タブとは、(書類などの)耳、つまみ、垂れ飾り、札などの意味を持つ英単語。

 

手帳やルーズリーフなどの端から突き出した、表題や分類などを記した紙片やシールのことをタブという。転じて、グラフィック表示を利用したコンピュータの操作画面(GUI:Graphical User Interface)で、ウィンドウなどの表示領域の端に突き出した小さな見出しが並んだものをタブという。タブは表示領域の上端や下端などに並べられ、表示内容の表題などが簡潔に記されている。

利用者がタブを一つ選択すると対応する内容が表示領域に現れ、他のタブを選択するとそのタブに対応した内容に素早く切り替わる。複数のウィンドウなどを開いて必要なものを前面に表示する方式などに比べ、表示内容の一覧性に優れ、内容の切り替えも素早く行うことができるため、様々なソフトウェアの表示方式として採用されている。

タブ文字・タブキー

制御文字タブ文字(tab letter)やキーボードのタブキー(tab key)の “tab” は “tabulator” の略で、表(table)を作るもの/人、作表者、作表機といった意味を持つ。これらはもともとタイプライターで文書を作成する際に一部を表の形に整形するためのもので、横幅を一定の間隔に区切った位置にヘッド(コンピュータではカーソルなど)を移動することで、項目の左端の位置を各行で揃える働きをする。

この間隔のことを「タブ幅」(tab width)などと呼び、2文字、4文字、8文字などが用いられることが多い。例えばタブ幅が8文字の場合、現在の入力・表示位置が表示領域の左端から1〜8文字目のときは9文字目に、9〜16文字目のときは17文字目に、という具合に8文字間隔の位置に入力・表示位置が移動する。

他の辞典による解説 (外部サイト)